50〜60代ドライバー、シニア向け保険プランへの切り替え

50〜60代ドライバー、シニア向け保険プランへの切り替え

50〜60代ドライバー、シニア向け保険プランへの切り替え

50~60代になると、遠くに行くことも少なくなり、走行距離が減少する傾向にあります。最近ではなるべく安くという事も大事ですが、いざという時の安心感を優先するドライバーが増えてくる世代です。よく、ニュースでもコンビニに車が突っ込むなどして取り上げられますよね?

 

その原因はドライバーの加齢による身体能力の低下。注意力、集中力の低下による
「ハンドル操作の誤り」
「アクセルブレーキの踏み間違え」
この二つが圧倒的な数を占めています。

 

ですので50〜60代のシニアの方は対人賠償と対物賠償による保険金額を無制限としている保険会社を選ぶ事が重要です。そんな中でもやはり保険料は安い方が良いと考えるのは当たり前ですよね?しかし、2011年からはシニアの事故件数が増えていることもあり、高齢者の保険料が大幅に値上げされてしまいました。他にも事故後の入院期間が長く、治療代が他の世代よりも多く掛かるためという理由でもあります。

 

それでは50〜60代のドライバーにとって評判の良い所はどこなのか?同じ世代でも人気のある保険会社を紹介いたします。

 

ソニー損保 
聞いた事がある方も多いと思いますが様々な所でかなり評価が高いです。加入のしやすさ、コールセンターの対応、事故後のアフターサービスや会社の信頼性など全ての項目で上位にランクインしています。ソニー損保の特徴としては、スピーディーな初期対応。更には24時間365日年中無休で対応している事故受付。魅力的なのは年間走行距離が当初の想定より下回れば「くりこし割引」で翌年が割安になることです。条件はありますが走行距離が上回っていても「こえても安心サービス」で追加保険料不要となっています。

 

三井ダイレクト損保
こちらは三井住友海上火災保険など同じような業種が集まっており保険に関しては期待以上の安心が感じられます。三井ダイレクト損保では、保険料の支払い方法が選べるのでご自身の都合に合わせることが可能です。他にも20万ヶ所以上の優待対象施設を特別割引価格で利用できるサービスのクルマ生活応援サービスが好評です。こちらは長く契約するほどメリットも多くなる仕組みです。

 

SBI損保
ここの最大の利点は圧倒的な保険料の安さです。かなりコストパフォーマンスが良いと有名です。新規継続関係なく、インターネットでの手続きで1万円も割引してくれます。カーレスキュー会員には、充実されたサポートが整っており、指定先まで距離無制限のレッカーサービス等を追加することも可能です。

 

▼▼▼▼▼


自動車保険をキャンペーンで見積もり#ズバッと安く!任意保険を比較する方法とは?

50〜60代ドライバー、シニア向け保険プランへの切り替え関連ページ

保険スクエアbang! 自動車保険比較キャンペーン
一括見積もりサイト、どうせならキャンペーンを適用させたうえで申し込みたいですよね。 特に喜ばれている特典付きサイトは、保険スクエアbang! 自動車保険比較です。 テレビCMでも有名な大手保険会社も多数参加。メールまたは郵送で複数社からの提案資料を取り寄せることができます。
自動車保険の見積もりはインズウェブのプレゼント付きで
インズウェブは多彩なプレゼントキャンペーンが、他のサイトよりも目を引く一括見積もりサイトです。 現在実施されているキャンペーンには、マックカード500円分や、ジェフグルメカード500円分のプレゼントなどがあります。 ドライバー自身が、好きなプレゼントを選ぶ事ができるというのは、嬉しいポイントではないでしょうか。
自動車保険キャンペーン+一括見積もりで賢く乗り換え!
自動車保険はキャンペーンで乗り換えるというのも一つの方法です。なぜキャンペーンかというと、お得なことが多いからです。 乗り換えをするタイミングというのは、いつがいいのかということは誰にもわからないですから、キャンペーンをそのタイミングとするのは悪くはないのです。
安さ重視!保険料を徹底的に見直しする
保険の契約って実際細かい部分に差があるように思えても、全てを理解している人は少ないはずです。契約書の内容も事故を起こしたときに、最大どれくらいの金額をカバーしてくれるかや、対物、対人の事故に対してどれくらい保険会社が補うかなど、ある程度のところで判断、契約してしまう人もいるでしょう。
事故対応のサポート力や保険会社の評判をチェック
保険会社によっては、事故の時の責任を回避するため、何もしないことを考えているところもあるのです。このような会社を選んでしまうと事故の時も大変ですし、事故の後も大変なことになります。事故の対応というのは保険の補償と同じように、もしくはそれ以上に大事なポイントとなると考えておいて間違いはありません。