ソニー損保 自動車保険

ソニー損保 自動車保険#乗り換え、見積もりに役立つ口コミまとめ

ソニー損保 自動車保険#乗り換え、見積もりに役立つ口コミまとめ

CMでもよく見かける「ソニー損保の自動車保険」ですが、どのような特徴があるのでしょうか?
メリットデメリットなどをまとめてみました。

 

ソニー損保の特徴・メリット

通販型ではTOPの販売件数を誇る同社の保険ですが、特徴は3つ。
「365日対応の事故解決サービス」「無料ロードサービス」「「保険料は走る分だけ」というものです。

 

特に事故解決サービスは他社でもありますが、保険料が走る分だけというのは、ソニー損保の大きな特徴と言えるでしょう。これは年間走行距離を7段階に分けて、各々走る距離が少なくなるに従って、毎年の保険料が安くなる設定です。

 

もし想定していた走行距離よりも少なければ、その分翌年の保険料に加味されますので、翌年の自動車保険料は更に割引されます。逆に走行距離が想定より超えてしまった場合は、差額分の保険料の支払いとしないといけません。

 

しかし年間の走行距離なんてきっちり計画して乗っている人は少ないと思います。そんな方の為にソニー損保のホームページ上には、年間の走行距離を算定できるツールがありますので、是非利用してみると良いでしょう。

 

更にソニー損保の特徴として注目したいのが「ロードサービス」。民間のロードサービスに加入しなくても、保険料の支払いのみでバッテリー上がり、キーの閉じ込め、タイヤのパンク、ガス欠などのトラブルに対応してくれます。
(但しすべての作業が無料という事ではありませんので、利用する前には確認が必要です)

 

更に2年目以降の更新者には、ガス欠時のガソリン代10リットルまで無料。オイル漏れの際のエンジンオイル代も無料。冷却水、ライトのバルブ代も無料と、至れり尽くせりの内容になっています。

 

ソニー損保のデメリット

デメリットという事ではないかもしれませんが、やはり通販型の保険というのは、代理店型の保険と異なり、すべて電話での対応になるので意思疎通が図りにくく、結局対応が不満という声があがっているケースもあるようです。しかし、そこは通販型。料金が安ければどこか我慢しないといけない部分があるという事の理解も必要です。

 

まとめ

以上のように、様々なメリットが多いソニー損保ですが、各自のライフスタイルによって合う・合わないもあるようです。しかし同社のホームページには良い口コミだけではなく、悪い口コミも堂々と掲載されています。それだけ顧客目線にたった信用できる会社といえるのではないでしょうか。

 

▼▼▼▼▼


自動車保険をキャンペーンで見積もり#ズバッと安く!任意保険を比較する方法とは?

ソニー損保 自動車保険#乗り換え、見積もりに役立つ口コミまとめ関連ページ

東京海上グループのイーデザイン損保#安さと満足度を求める方へ
東京海上グループのイーデザイン損保は、2009年に設立された比較的新しいダイレクト型の自動車保険です。親会社は東京海上ホールディングスとNTTファイナンスで、経営母体の大きさによる安心感が、人気の理由のひとつになっています。
三井ダイレクト損保の「総合自動車保険」#始めてから継続契約の方も
三井ダイレクト損保が販売している総合自動車保険は3つの解決力が魅力の商品です。 実際に契約している方の92%以上が事故対応に満足しているので、代理店型の保険から初めて切り替える方でも安心して選べる保険でしょう。
セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」#キャンペーン見積もり
セゾン自動車火災保険が販売しているおとなの自動車保険は、その名の通り大人の方にお得な商品になっています。 事故率が低い40代と50代の方の保険料が割安になるという点が特徴的で、ダイレクト自動車保険の40代と50代の新規契約件数が1位に輝くなど高い注目を集めています。
チューリッヒの走行距離で変わる保険料が納得#ロードサービス特約
チューリッヒではリスク細分型のスーパー自動車保険を販売しており希望にぴったりの保険設計を可能にしています。年間の走行距離が少ない方や初めて自動車保険に加入する方、運転者が40代の方、使用目的が日常やレジャーに限られている方など、それぞれのケースに合った保険設計が実現できて便利です。
案内が迅速なAIUの自動車保険#見積もり・パンフレット請求
保険会社にもさまざまな種類がありますが、AIU保険はどうでしょうか。AIU保険は、ネット申し込みが可能な保険会社ですが、営業所ベースで保険のセールスマンや保険レディが在籍している、各都道府県に複数の営業所のある保険会社です。
日新火災海上保険#丁寧な対応と納得の評判を集める自動車保険
丁寧な対応で注目されているのが日新火災海上保険です。日新火災海上保険ではユーサイドという商品名の新総合自動車保険を販売しています。 ユーサイドの補償内容には相手方と自分自身、車両に対する補償となっており、相手方には対人賠償責任保険と対物賠償責任保険が用意されています。
SBI損保の「個人総合自動車保険」#高クオリティで安心したい方へ
SBI損保の主力商品である「個人総合自動車保険」では、車両保険や対人賠償保険、搭乗者損害保険などの一般的な補償に加え、自損事故保険や無保険車傷害保険、他の自動車危険補償特約などが自動でセットされています。
分かりやすい自動車保険で適正な補償内容なら#アクサの損害保険
アクサの自動車保険は、インターネットやコールセンターなどを活用して、直接契約者と取引するダイレクト販売を行うことで、中間コストの削減や全体的な保険料の削減を行い、リスク細分化を行うことで契約者のカーライフスタイルに合わせた適正な保険料で補償を提供することを特徴としています。
アメリカンホームのダイレクト自動車保険#簡単な見積もりが良い方へ
ネットで簡単に保険の見積もりが出来るのが、アメリカンホームの自動車保険です。こちらの保険はテレビでもよくCMが流れているのでよく知られてきてもいますが、何より保険料が安くなる可能性があるのが魅力的です。